POINT

★今回は、市販のルーをしようしないカレー!
★トマトに含まれるリコピンは、ファイトケミカルの一つ。加熱することで、吸収されやすくなります。また、油に溶けやすい性質もあるので、今回のように油を使用する料理で摂取するとさらに吸収率がアップします。

 

《材料》
米:2合

〔A〕
オリーブオイル:大さじ1
乾燥にんにく:小さじ2
乾燥しょうがパウダー:小さじ2
たまねぎ:1個
にんじん:1/2本
しめじ:100g
合い挽き肉:400g

〔B〕
水:200ml
カレー粉:大さじ2
トマト缶:200g
中濃ソース:大きじ2
醤油:大きじ2
ケチャップ:大きじ2
てん菜糖:大きじ1
だし粉:大さじ1
食塩:少々
こしょう:少々
テフ(グレイン):大さじ2

〔トッピング 〕
粉チーズ:適量
テフフレーク:適量
半熟卵(目玉焼きでもOK):1人1個

《作り方》
1 フライパンに、オリーブオイル、にんにく、生姜を入れ、弱火で加熱する。
2 にんにくの香りが出てきたら、たまねぎ、にんじんを入れよく炒める。
3 2にひき肉を入れ、よく炒める。
4 4に〔B〕の調味料を全て入れ、弱火から中火で15分煮込む。
5 テフグレインを入れ、さらに10分煮込み、完成。

《ポイント》
今回は、市販のルーをしようしないカレー!
市販のルーは、脂質が多いため少し食べるのに抵抗が・・・。
という方に、今回のレシピはオススメです!
トマトに含まれるリコピンは、ファイトケミカルの一つ。
加熱することで、吸収されやすくなります。また、油に溶けやすい性質もあるので、今回のように油を使用する料理で摂取するとさらに吸収率がアップします。
また、トマトの旨味成分のグアニル酸は、だし粉に含まれる鰹節や昆布の旨味成分と一緒になると、相乗効果で旨味が倍増し、短時間の加熱でも美味しく仕上がります!
グレインの粒々感が、食べごたえもアップしてくれます!

カレー粉は、辛いのが好きな方はお好みで足してもOKです。
辛味をプラスしたい方は、ラー油や豆板醤を追加するのもオススメです!

▼今回のレシピに使用した商品