POINT

★鶏胸肉は、低脂肪高タンパク質の代表食品です!特に、タンパク質については、アミノ酸のバランスが良く質がが高いため効率的にカラダの中で代謝されます。
★青のりは、小さいながらとても栄養価が高い食品です!ビタミンB12、鉄、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素が豊富です。

【鶏肉のテフ入りノリ卵白天】

材料のご紹介

〔A〕

鶏胸肉:200g

卵白:1個分

醤油:小さじ2

はちみつ:小さじ1

テフ(グレイン):大さじ1

 

〔B〕

片栗粉:大さじ2

青のり:大さじ1

揚げ油:適量 米油、オリーブオイルがオススメです!

 

作り方

1 鶏胸肉を1口大に切る。(8等分程度)

2 ビニール袋に、〔A〕の材料を全て入れ、よく揉未混ぜ、20分置いておく。

3 2に片栗粉、青のりを入れよく揉み込む。

4 フライパンに2cm程油を入れ、加熱する。(菜箸を入れた際、小さな泡が出る程度まで温度が上がったらOK!)

5 3〜4分程あげたら完成。

 

《ポイント》
鶏胸肉は、低脂肪高タンパク質の代表食品です!特に、タンパク質については、アミノ酸のバランスが良く質がが高いため効率的にカラダの中で代謝されます。
その他にも、幸せホルモンの材料となるトリプトファンや、睡眠の質の向上に欠かせないグリシンといったアミノ酸が豊富なため、カラダ作りだけでなく、精神的なサポートも期待できます。
鶏胸肉特有の栄養素である、「イミダゾールペプチド」は、疲労回復効果と抗酸化作用の効果が期待できます。
「脂質は敵」と思われがちですが、細胞の材料になるためとても大切な栄養素になります。脂質のポイントは、脂肪酸の種類とバランスです。鶏胸肉は脂質のバランスも良いため、肉類の中でもオススメの食品になります。

青のりは、小さいながらとても栄養価が高い食品です!
ビタミンB12、鉄、マグネシウム、カルシウムなどの栄養素が豊富です。
「鉄分」というと、「ひじき」のイメージが強いかもしれませんが、海藻類には多く含まれています。
様々な海藻類を食べることで、様々な栄養素を摂取できます。

▼今回のレシピに使用した商品