POINT

★今回のレシピは、アスリートにぴったりの2つの食材を組み合わせて、「ふりかけ」を作りました!
★ちりめんじゃこは、小さいながらアスリートにとって必要な栄養素が豊富に含まれている食品です。カルシウムは100gあたり約520mg含まれており、牛乳で摂取しようとすると500mlの量になります。
★ビタミンDは骨の健康維持や免疫力の向上、血圧降下、血糖値改善などの効果が期待できる栄養素で、トレーニングにより、カルシウム消費が高くなるアスリートにとって、重要な栄養素になります。

 

≪材料≫300ml

小松菜:200g
ちりめんじゃこ(しらすでもOK):50g
ごま油:大さじ1

しょうゆ:大さじ1
テフフレーク:大さじ2

≪下準備≫

小松菜は塩(材料外)を加えた熱湯で下茹でし、冷水に取り水気を絞る。根元を除き、幅5mmに切っておく。

≪作り方≫

1.フライパンにごま油を熱し、小松菜・ちりめんじゃこを入れ、炒める(1〜2分)。
2.しょうゆ・テフフレークを加え、炒め合わせる。
3.器に盛り付ける。

≪栄養ポイント≫

今回のレシピは、アスリートにぴったりの2つの食材を組み合わせて、「ふりかけ」を作りました!
小松菜は、カルシウム・鉄・ビタミンCを多く含む食品です。カルシウムと鉄については、ほうれん草よりも多く含まれます。
ちりめんじゃこは、小さいながらアスリートにとって必要な栄養素が豊富に含まれている食品です。カルシウムは100gあたり約520mg含まれており、牛乳で摂取しようとすると500mlの量になります。
さらに、干していることにより、ビタミンDが生のしらすと比べ10倍近くになっています。
ビタミンDは骨の健康維持や免疫力の向上、血圧降下、血糖値改善などの効果が期待できる栄養素で、トレーニングにより、カルシウム消費が高くなるアスリートにとって、重要な栄養素になります。
マラソンシーズンに入った、12月。トレーニング効果を高めるためには、「糖質」の摂取が要に!!
栄養価が高く、ご飯のお供になる今回のふりかけは、是非作り置きして常備しておきたいメニューです!

▼今回のレシピに使用した商品