ラブリーテフレシピVol.40

テフフレークとくるみで作るごまめ

五穀豊穣、子孫繁栄、家族の健康など、1つ1つの料理に願いや祈りが込められている、お正月のお祝いの料理「御節料理(おせちりょうり)」。
その中で普段の作り置きにもおすすめなレシピを3つご紹介します!

使用しているLovely Teffタイプ:テフフレーク

材料

  • A:
    ごまめ(田作り、食べる小魚でもOK):30g
    くるみ:50g(叩いて砕く)
  • B:
    酒:大さじ1
    みりん:大さじ1
    醤油:大さじ1
    メープルシロップ:大さじ1
  • くるみ:30g
  • テフフレーク(ホワイト):小さじ2
  • 米油:小さじ2

作り方

  1. ごまめとくるみをから炒りする。
  2. 1にBの調味料を入れる。
  3. 水分がなくなったら、テフフレークを入れ、よく混ぜる。
  4. 最後に米油を入れる。

Point

【ごまめの由来】
カタクチイワシは田んぼの肥料として使われていたこともあり、ごまめ(五万米)とも呼ばれます。このことから、「今年も無事に良いお米が収穫できますように」という「五穀豊穣」の豊作を願う料理の一つとして作られています。

栄養価的には、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)をはじめとするn-3系脂肪酸(オメガ3)を豊富に含んでいます。これらの脂肪酸には血管を拡張させ、血液の流れをよくする働きから、血圧を下げる効果が期待できます。
また、EPAには中性脂肪を少なくする働き、DHAには脳の活性化などの効果が期待できると言われています。
不足しやすい脂肪酸なので、日々の中で少しずつ摂取したい栄養素です。

「煮干し」は、乾物なので摂取の手段としてはとても手軽です。
今回のメニューも日常使い、作り置きができますので、ぜひご活用ください♪
最後に米油を入れることで、ごまめ同士がくっつくのを防ぎます。